あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第12章 秀介の転勤
秀介君はやっと口を離し、またそのまま私の中へ入ってきた。

「だめよ…今度は…ゴム…つけて…」

秀介君は何も言わずに、一度体を引いた。ほっとしたが、またすぐにそのまま突いてきた。

「あっ!!」

強い快感に体が反った。秀介君は激しく腰を動かし、何度も私を貫くように突いてくる。

「ああっ…ああっ…だめ…中で出しちゃ…だめ…やめて…秀介君!!」

私は体を必死によじり、秀介君から離れようとした。
だが、それは逆効果だった。私が体をよじるごとに秀介君の突いてくる角度が変わり、快感が増幅されてしまう。
秀介君も同じ快感を感じているようである。眉をしかめるような表情で、呻く声を堪えている。

「秀介君…秀介君…」

私は体をよじるのをやめ、秀介君に突かれるまま声を上げた。

「…由紀…さん…ああ…僕…もう…」
「秀介君…だめ…抜いて…お願い…だめ…!!」

私はまた絶頂に体を反らせた。それが、秀介君を強く掴んでしまい、秀介君は「あっ」と言って体を反らせた。
秀介君からほとばしったものが、私の中へ吸い込まれていくのがわかる。

「ああっ…」

快感と後悔とが頭の中で混じり合った。
秀介君が息を弾ませ、私の体の上に被さってきた。
私は、そのまま秀介君の体を抱きしめた。

「…由紀…さん…愛して…る…」

秀介君が言った。私は答えずに、秀介君を抱きしめながら息を弾ませた。
37
最初 前へ 34353637383940 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ