あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第1章 馴れ初め
だが恐らく中年じゃない。…結構若い???

「もしもし…メールをいただいた「blue」ですが。」

…本名が「青田」なので、そんなユーザー名にしたのだが、今思えば安直だったか…。

「ああっ!ありがとうございます!!本当にお電話いただけるなんてっ!!」

声がとたんに高くなった。やはり若い青年のようだ。

「いえ…お困りのようだったので、お言葉に甘えて非通知で電話させていただきました。」
「もちろん、かまいません。早速質問していいですかね。今もパソコン前にして格闘中で…」
「ええ、いいですよ。ソフト名とバージョンを教えてもらえますか?」
「はい。」

青年はソフト名とバージョンを言った。

「最新のバージョンですね。了解です。それでお困りと言うのは?」

…つい、インストラクターの口調になってしまう…。

「はぁ…」

青年はくどくどと説明をしだした。電話の向こうで、頭を掻きむしって話している様子が目に浮かぶ。
本当に困っているようだった。

「えー…と、沢田さん、ちょっとストップ」
「あ、はい!」
「だいたいわかりました。」
「えっ!?」

…だって、同じ言葉を繰り返しているんだもの…。困っている人がよく陥る状態だ。
私は表計算ソフトの機能の1つを紹介した。メニューから場所を教える。
青年は「はい」と返事をしながらうまく進んでいるようだ。

「…見つかりましたか?」
「あっ!ありました!」
「では、使い方の説明をいたします。」

私は自分でもパソコンを前に、同じ操作をしながらゆっくりと指示した。

「できましたか?」
「…おおお…」

電話の向こうで感動しているようだ。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ