あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第8章 秀介の想い
検索サイトへ行って、その人のIDを検索した。…出てこなかった。IDも削除されていた。

「由紀さん…どうしたら…許してくれる…?」

僕は小さな子どものようにベッドで泣いた。もう会う事もできないのだろうか。…パソコンのインストラクターをしていると言っていた。パソコン教室を検索すればいいのだろうか?
そこまで思って、やっぱり電話をしてみようと思った。
何度もその人の名前を表示しては、消した。
やっぱり怖い。…電話番号も変えているかもしれない。…もしそうだったらどうしよう…。つながったとしても、すぐに切られてしまったら?

…だが、勇気を出して、電話をかけた。
何度か呼び出し音が鳴った。…拒否してるのか、なかなか出ない。
…だけど…出てくれた。

「もしもし?」

懐かしいハスキーな声。俺は思わず「良かった…」と小さな声で言った。わざとじゃない。嬉しさに声がでなかったのだ。だがその人が黙り込んでいるので、思わず「切らないで下さい!」と言った。
お願い…切らないで…俺を捨てないで…。
俺は必死に自分の想いを伝えた。

そしてその人は会ってくれると言った。
嬉しくて、涙が溢れ出た。

…会って、すぐにホテルに行き、俺はその人への気持ちを口に出しながら、その人を抱いた。
張りのあるすべすべの肌に触れ、僕の舌の上で、その人のピンクの胸の先が固くなるのを感じ体が熱くなる。その人のピンクの花芯も僕の舌の中で膨らんでいく。
それと同時に、普段の声とは違う喘ぎ声。俺に感じてくれているその声と腰の動きに、俺の絶頂までの時間は早かったように思う。

その人が満足してくれたのかどうかはわからないけど…。

俺はまた会ってくれるように頼んだ。
いろんな条件をつきつけられたが、俺にとっては全くできないことはない。
その人に会えるなら、何でもする…。

それが通じて、また会ってくれると言った。
俺に本当の恋人ができるまで…という条件が一番悲しかった。

…だけど、それを呑まなければ、もう会ってもらえない。

そっと、その人を抱きしめた時、その人が体を預けてくれたのが嬉しかった。
…結婚はもうこりごりだと言ってたけど…したくないならしなくていい。

全て、あなたの仰せの通りに…。どんなことも…。

(終)
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ