あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第1章 馴れ初め
……

私は、無料でメールアドレスが作れる、よくある検索サイトでIDを作り登録した。
そして、プロフィールの欄に「パソコンインストラクターをしております。何かパソコンでわからないことがありましたら、メールを下さい。もちろん無料でお答えします。」と書いておいた。
寂しさを顔の見えない相手と、メールのやり取りで紛らわせられたらいい…と思ってはいたが、本当にメールが来るとは思ってもいなかった…。

ある日、検索サイトを開くと、メールのところに「新着メール」のランプがついていることに気付いた。
どうせ迷惑メールと言われるエッチなサイトへの勧誘や、出会い系サイトへの勧誘だろうと思いながら、私はメールボックスを開いてみた。

だが、そうではなかった。

ユーザー名は「shusuke」となっている。

「しゅすけ?しゅうすけかしら?」

私は苦笑しながら独り言を言って、メールを開いてみた。



突然のメール失礼いたします。

実は会社で表計算ソフトを使っているのですが、どうしても集計がうまくいかず困っています。

文章で表現するのは難しいので、よろしければ電話をもらえますか?

僕の電話番号は「090-xxxx-xxxx」です。18時以降は家にいますので、いつでもお電話下さい。そちらは非通知で構いません。電話料金はのちほどなんらかの形でお返しします。

明日までにお返事がなければ、あきらめます。よろしくお願い致します。

沢田秀介



「電話番号書くかー?普通…」

私は思わず呟いた。それだけ困っているということだろうか…。
たぶん「沢田秀介」というのも本名だろう。

しばらく悩んでいたが、ふとデジタル時計を見た。

「19時53分か…」

怖いような気もするが、非通知でもいいとあるし、電話してみるか…。そう思った。

「お困りのようだし…」

…なんて、言い訳を呟いたりしながら、まず携帯の設定を「非通知送信」にした。

そして、高鳴る心臓の音を感じながら、メールに書かれた電話番号をプッシュし受話ボタンを押す。

「…プルルッ…プルルッ…プツッ」

相手が出た!!

「もしもし」

渋い男性の声だった。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ