あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第8章 秀介の想い
良く考えてみれば、真理の身体とは全然違う肌の張りとすべすべ感。なのに、何度も「真理」と呼んで愛してしまった。
俺が絶頂に達して、ふとその人を見下ろした途端、その人の顔がはっきりと見えて胸がずきりと痛んだ。
…ひどいことをした…。したのに、怒らなかった。それどころか「しらけちゃった?」と笑ってくれた。
…俺の胸が更に痛んだ。謝っても気が済まない俺に、その人は俺のことを忘れると言った。
俺はやっぱり怒らせたんだと思った。
自分の年のことを言っていたが、そんなことは俺には関係ない。
でも…会わない約束をして…別れた。

…その日から、仕事中でも休憩中も車の運転中でさえ、その人の顔が浮かんだ。浮かぶたびに胸が痛む。
どうして「真理」なんて言ってしまったんだろう…。本当に俺って馬鹿だ。
毎晩、その人を抱いて「真理」と呼んでしまう夢を見て、その度に飛び起きた。

俺は携帯からメールしてみた。電話するのは怖かったからだ。
すると、エラーメッセージが返ってきた。アドレスを変えたらしかった。俺はショックを受け、またその晩、その人を抱きながら「真理」と呼ぶ夢を見た。
会いたい。会ってちゃんと謝りたい。そして、俺と付き合って欲しい。でも、どうしたらいいのかわからなかった。
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ