あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第5章 忘れられなくて…
忘れたつもりだった。
だったのに電話がかかって来て、何か傷口が開いたような心の痛みを感じた。

……

あの電話番号を消したことが、そもそもの間違いだった。
携帯のアドレス帳に載っていない電話番号が表示されたので、生徒さんかも知れないと思い、受話ボタンを押してしまったのだ。

「もしもし?」

そう言うと「…よかった…」という、聞き覚えのある低い声がした。

「!!」

私は思わず携帯を耳から離したが「切らないで下さい!」という声に、再び携帯を耳に当ててしまった。

「…忘れられなくて…」
「…マリさんへの想いは断ち切れたって言ってたじゃない。」

私がそう言うと、

「マリじゃない!」

という動揺したような声が帰ってきた。

「忘れられないのは、由紀さんのことです。」
「私?」

今度は私が動揺した。

「あのね、秀介君。あなたは寂しいだけなの。別に私じゃなくてもいいはずよ。私を選ぶのは、一度知り合ったから、誘いやすいだけのことよ。」
「違います!本当に俺…」
「おばちゃんをからかわないの。それでなびくほど、こっちは馬鹿じゃないのよ!」
「からかっているわけじゃない!」

秀介君の声が震えている。

「本当に会いたいんです…。もう一度だけ会ってもらえませんか?」

そんな声出さないでよー…。おばちゃんの気持ちが揺らいじゃうじゃないの…。

「もう一度だけで終われるの?」
「……」
「どうなの?」
「…わかりません…」
「!…」

正直と言えば正直だけども…。君のためによくないから、こっちは心を鬼にして忘れようとしてるのに…そっちから、そんな風に言われると…仏が顔をだしちゃう…。

「わかった。とりあえず、次で終わりということにして会いましょう。」
「!!…ほんとに…?」
「またあのカラオケボックスに行くの?それともホテル行っちゃう?」

…今、すごい大胆なこと言いましたよ、私…。

「…ホテル…で…」
「待ち合わせは、前と同じでいい?」
「はい!」

結局そのまま、日時を約束してしまった。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ