凍りついた身体
凍りついた身体
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/11/05
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
凍りついた身体 第3章 3章 帰路に
あれからもう一軒 一同は
駅近くの 遅くまでやっている 居酒屋に入ったはず
そこから記憶は断片で よくは覚えていないけど
彼女も 私も お酒をかなり呑んだと思う
私は あまり喋った覚えはない
片隅で 喫煙していた
相変わらず 女課長のハイテンションと
取り巻きのセクハラが続いて

いささか 気だるく 
眠気もあったけど 意識は冴えていて
現実を 離れていく

この男達が いつしか狼に変わって 
彼女を 陵辱し始める構図を
頭に 夢想して 時を紛らわせていた 私
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ