凍りついた身体
凍りついた身体
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/11/05
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
凍りついた身体 第1章 1章 舗道で
一団で 歩いていく 前の方で
彼女の 大きな声で 酔った喋り声 嬌声が 聴こえる

私は だいぶ後方の最後尾で コートの襟を立て
夜更けの 冬の舗道を 黙々と 歩いていた
すっかり 酔いが醒めてきて ヒールの 足音から
冷えが 下半身から全身に 伝わるようで 
けして 機嫌が良くはなれなくて 堪えているだけ
他の男達も あえて 私には 話しかけてもこなかった

扱いにくい 付き合いの悪い女だって 
彼らは思っているのでしょうけど 
私にはそのほうが好都合で 居心地いい
仕事だけの 関係と 割り切らせてもらうほうが
部外者だし
私は 社員ではなく フリーランスの 社外スタッフなのだから
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ