何度も何度も…
何度も何度も…
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/08/21
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
何度も何度も… 第1章 【臣】前半
俺の好きな女は…
俺だけのものじゃない…

こんなに好きで好きで…
狂おしいほど想っているのに…


◇)ごめんね…?
  今日は帰らないと…
臣)もう少し…いろよ。
◇)ううん、ダメ。
  今日はあの人帰りが早いの。
臣)…。


そんな話は聞きたくない。


◇)ご飯も…用意しないといけないし…


聞きたくない。

聞きたくない。


◇)ねぇ、そんな顔しないで?
臣)…。
◇)好きよ?


俺の頬に優しく触れ…
立ち上がろうとする彼女。

帰したくない。

帰したくない。

俺はもう限界だった。


◇)きゃあっ!!


彼女を無理矢理ソファーに押し倒した。


◇)何?やめて…
臣)もう…
◇)やっ…
臣)俺だけのもんになれよ…っ
◇)あっ、だめっ…


彼女の服を強引に脱がし
その柔らかな体にキスを落とす。


◇)だ、だめっ…臣…!
臣)うるせぇ…
◇)や、やめ…っ///
臣)大人しく感じろ。
◇)だめぇっ


必死に抵抗してくる彼女。


臣)力で俺に勝てると思ってんの?
◇)やめて、お願いっ
臣)やめない。
◇)今日は…ダメなの//


彼女がそう言う日は…
旦那に抱かれる日だ。


◇)お願い、やめて?//
臣)…っ


そんな言葉を無視して
夢中で彼女の甘い体を貪る。

あちこちに俺の印を残して…


◇)だめぇっ、バレちゃう!///

臣)バレろよ、もう。
◇)やぁっ…//

臣)俺にこんな風に触られて…
◇)あっ、やぁ…っ

臣)俺に感じながら
  こんないやらしく濡らして…
◇)あんっ…、や、だ…めっ///

臣)俺の前で…
  こんな風に乱れてるって…
◇)やめ…って…///

臣)全部バレちまえよ。
◇)やぁぁんっ////


欲情は止まらない…

彼女の胸の蕾に夢中でしゃぶりつき…
いやらしく濡らしている中を
激しく掻き回す。


◇)や、やめっ…て///
臣)こんなんになってんのに
  まだそんな事言う?


俺は彼女の中から指を引き抜き…
俺の手に絡み付いたいやらしい愛液を
目の前で見せてやる。


◇)い、いやっ////
臣)嫌なのにこんな感じてんだ?


耳元でわざといやらしく囁く。


1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ