誕生日の初H
誕生日の初H
成人向完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/08/21
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
誕生日の初H 第1章 崩れてゆく理性
俺が服の中に手をしのばせ
下着をはずし
柔らかな胸に触れると…

恥ずかしそうにうつむいて
俺の手にそっと触れる。


◇)恥ずか…しい//
健)可愛えなぁw

◇)や…っ//
健)これからもっと
  恥ずかしいことするんやで?w

◇)えっ…//
健)…。

◇)……//
健)見てもええか?

◇)え…っ?


俺は服をまくりあげ
あらわになった胸に顔を埋めた。


健)キレイや…
◇)やぁ…//


誰も知らん身体。
初めて俺に触られて…
女になっていく身体。

それだけで興奮する…。


俺は優しく胸を揉みながら
ピンク色の突起を口に含んだ。


◇)えっ?…あっ、あ…//

ちゅぱっ、れろっ…

◇)はんっ…ん、ぁっ//


初めて男に感じてる声…

その甘くて可愛い吐息に…

俺のモノは簡単に熱くなる…


◇)あ…せんせ…///


赤く火照った頬…
潤んだ瞳で俺を見つめるその姿。


健)好きやで。
◇)…うん…あた…しも//
  先生…好き…っ//
健)ふっw
  また「先生」に戻ってんでw
◇)あ…っ//


こんな可愛く「先生」って呼ばれるのも
それはそれで興奮する…

なんて
俺がこんなことを考えてるなんて
お前は知らんのやろな…

お前が可愛くて可愛くて…
めちゃめちゃにしてやりたいなんて…
3
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ