誕生日の初H
誕生日の初H
成人向完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/08/21
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
誕生日の初H 第1章 崩れてゆく理性
今日は可愛い彼女の誕生日。
俺の彼女は…
まだ現役の高校生。

そして…俺は教師。

絶対にまわりにバレへんように…
あいつを傷つけることになんて
絶対ならんようにいつも気をつけてる。

外で堂々とデートも出来へんし
寂しい思いもさせてるかもしれん。

誕生日くらい
豪華な食事でも連れていってやりたいけど
誰に見られるかわからんから…

俺は自分の家にあいつを呼んで
手料理をふるまった。


◇)先生、お料理ほんとに美味しかった//
  ケーキも美味しかった//
健)うん。
  ほんまに…誕生日おめでとう。
◇)ありがとう…
  先生、大好き///
健)また「先生」に戻ってんでw
◇)あっ…えっと…//
  健ちゃん…ありがとう///
健)ん。


恥ずかしそうに
顔を赤らめて俺の名を呼ぶ彼女。
愛しくて仕方ない。


健)これ、誕生日プレゼントや。
◇)えっ…、わぁぁ!!///


俺がネックレスを渡すと
◇の目が輝いた。


◇)どうしよう…すっごく嬉しい///
  ううっ…
健)なんで泣くねん!w
◇)だって…ううっ
健)ほんましゃーない奴やなw


俺が頭を撫でると涙を流して
潤んだ瞳で俺を見上げてきた。

アカン…
そんな顔すんなや…


◇)健ちゃん、つけてくれる?
健)ええよ?


◇は後ろを向いて髪を持ち上げた。
キレイなうなじがあらわになり…
今すぐにでもキスしたい衝動にかられる。

アカン…
抑えろ、俺。


健)つけたで。
◇)ね、ね、キレイ?//
健)うんw
◇)似合ってる?//
健)うんw
◇)ほんとに…可愛い?//
健)可愛いってw


上目遣いで俺を見てくる…
アカン…これ以上一緒におったら…


健)送るわ。
◇)えっ…

健)忘れもん、ないか?
◇)…。

健)◇…?
◇)…。


◇が立ち上がった俺の服をキュッと掴んできた。


健)??
◇)健ちゃん、あのね…//
健)どないした?


俺はもう一度座って
◇の顔を覗き込んだ。
1
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ