俺の印
俺の印
完結
お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/08/21
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺の印 第4章 【直】前半
今日は打ち上げで
メンバーやスタッフさんと散々飲んだ。

家に帰ると彼女が走って迎えにきた。


❀)直ちゃん、おかえりなさいっ♪
直)うん、ただいまw
❀)いっぱい飲んだの?大丈夫?
直)全然大丈夫だよ。
❀)ほんと?良かった♪
  打ち上げ楽しかったぁ?
直)うん。めっちゃ。
❀)あははw


俺がソファーに腰をおろすと
彼女は隣にくっついてきた。


❀)写真とかないのー?
  見たい♩
直)あ、結構撮ったよw
  すげぇアホな写真とかw
❀)えー!!どれどれ〜?w


俺はiPhoneを出して写真を見せた。


❀)あはははw
  この岩ちゃん面白いw
直)だろー?アホだよなw
❀)臣くん、こんな変顔するの?w
直)全然するねーw
❀)きゃははは♪


最初は楽しそうに笑ってたのに…
次第に口数が減っていく彼女。

最後には黙ってしまった。


❀)ありがと…
直)うん?
❀)…。
直)…。
❀)私…もう寝ようかな…
直)え?


立ち上がった彼女の腕をつかんだ。


直)どうした?
❀)どうもしないよ?


こっちを見ずにそう答える彼女。


直)急に寝るとか言うから…
❀)なんでもない


様子がおかしいことに気付き
立ち上がり彼女の顔を覗き込む。

彼女の目には涙が浮かんでいた。


直)どうした!?
❀)なんでも…ない…っ
直)なんでもなくねぇじゃん!
  なんで泣いてんの!
❀)泣いて…ないもんっ


そう言いながら
大きな瞳からは涙がこぼれた。

俺は思わず抱きしめた。


直)どうした?
❀)…っ
直)…。
❀)直ちゃんが…お仕事忙しいのも…
  周りにキレイな人がいっぱいいるのも…
  わかってる。
直)うん。
❀)そんなの仕方ないってわかってる。
直)うん。
❀)だから…ワガママ言ったり
  したくないの。
直)…。
❀)でも…っ


彼女の肩をそっとつかみ
顔をのぞくと

顔を赤く染め
涙目で俺を見上げた。


❀)やっぱりヤキモチ妬いちゃうんだもんっ


泣きながらそう言った。

写真に女のスタッフさんも
たくさん映っていたからだろうか…


❀)うっ…
直)…。
❀)ごめんなさい…
  …ごめんっ…なさっ…


そんな綺麗な涙を流す彼女の唇を
気付けば俺は塞いでいた。


❀)ふっ…ぅぅっ…んん//


いつもはそんなこと言わないのに…
ずっと我慢してたんだろうか…

その瞳からこぼれる涙が
俺のことが好きで好きで仕方ないって
物語ってる…

そんな彼女が愛しくて…
俺は夢中で彼女の口内を犯した。


❀)んっ…んふぅっ…ぁぁ//


俺がどんなにお前のことを好きか…
教えてやりたい。


❀)直…ちゃん…っ
直)黙って。
❀)ふぁ…っんっ//


彼女の頭を片手で支えながら
逃げ場をなくし…

❀)んっ…ふ…ぅ…//

激しく舌を絡めていく…


❀)んぅ…、んっ…

その度に甘い吐息が漏れ出す。


キスに酔いしれて
次第に力が抜けていく彼女の身体を抱きかかえ
寝室へと連れて行った。


❀)直ちゃ…ん…
  私のこと…好き?
直)バカなこと聞くな。
❀)え…
直)わかんねぇの?
❀)…っ
直)だったら教えてやるよ。
❀)え…っ
直)身体で。
❀)えっ…、あ…っ、あぁっ///


もう止まらない。

俺は彼女の服を強引に脱がし
抱き寄せた。


❀)や、や、直ちゃ…ん///
直)うるさい。

❀)あ、だって…やぁ///
直)…

❀)あんっ…、や、あ…
直)そう。

❀)ん、あ…、あっ
直)黙って感じてろ。

❀)ふぁ…んっ、あ…
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ