俺の印
俺の印
完結
お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/08/21
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
俺の印 第1章 【隆】鏡の前で…
俺は彼女の服を強引に脱がし
抱き寄せた。


◇)や、や、隆く…ん///
隆)うるさい。

◇)あ、だって…やぁ///
隆)…

◇)あんっ…、や、あ…
隆)そう。

◇)ん、あ…、あっ
隆)黙って感じてろ。

◇)ふぁ…んっ、あ…


俺がどれだけ好きか…
全身で感じさせてやりたい。

彼女のやわらかな肌に
次々に印を残していく…

一つ刻んでいく度に…

◇)あっ…ん///

可愛い声をあげる彼女。


◇)りゅ…くん?
隆)…。

◇)あっ…//…何して…るの?
隆)…。

◇)ふぁ…っ、んっ//
隆)いや?

◇)…う…うん、きもちぃ…//


片手で彼女の胸の蕾を捉えながら

もう片方の手で
彼女の身体を優しく撫で…
あちこちにキスを落としていく。

そのキレイな身体には
俺の印が次々に刻まれていく。


◇)隆く…んっ//


可愛く俺の名前を呼ぶ彼女を
抱き起こした。


◇)え…?
隆)見てごらん。


後ろから抱きかかえ
ベッドの前にある鏡に彼女の姿を向ける。


◇)え…っ、えっ///
隆)…。
◇)な、何これ…///
  すごい…///
隆)俺のもんだって印。
◇)こんなに…いっぱい?
隆)そう。
◇)…恥ずかしいけど…嬉しい///


そう言ってまた頬を赤らめる彼女。


隆)好きだよ?
◇)……//
隆)ほんとに好き。
◇)……//
隆)だから…
  ◇の可愛いところ、見せて?
◇)えっ…//


そのままの体勢で鏡に映るように
彼女の秘裂をそっと開く…
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ