抜け出せない快感
抜け出せない快感
成人向完結
お礼4
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/08/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
抜け出せない快感 第1章 違う世界の人
次の日学校に行くと
登坂くんが後ろから肩を組んできた。

いきなりのことに私がびっくりしてると
私の顔を見てニヤッと笑った。


臣)昨日はどうも♪
◇)な、何がですかっ!
臣)見てたじゃーん?
◇)み、見てませんっ!!
臣)嘘つき〜w
◇)……//
臣)興奮したー?


登坂くんは
唇をペロッとなめた。


◇)なっ…//
臣)人がシてるとこって興奮しない?w
◇)し、しません!!//
臣)またまた〜w
◇)登坂くん…あ、あんな場所で
  不謹慎だと思います!!
臣)あっははw
  委員長は言うことがマジメだね〜〜w
◇)え…私のこと…
  知ってるんですか?
臣)マジメなマジメな委員長さんでしょ?
  つーかさっきからなんで敬語だよw
◇)だって…登坂くん…
臣)広臣。
◇)え?
臣)俺の名前。
◇)知ってるけど…
臣)じゃあそう呼べよw
◇)え…
臣)相手してほしくなったら
  いつでも言えよ〜?
◇)え???
臣)いつでも抱いてやるっつってんのw
◇)なっ!!最低!!
臣)はいはいw
  じゃーな♪


そう言うと登坂くんは
私の頭をポンと叩いて歩いていった。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ