変わり者達の白昼夢
変わり者達の白昼夢
アフィリエイトOK
発行者:花村漁火
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/10/16
最終更新日:2010/10/15 23:41

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
変わり者達の白昼夢 第1章 仕事
外は近代文明の発展の証とでも言わんばかりの、同じ背丈の建物が、街を一つの迷路にするが如く区画化されており、街灯も等間隔、路面電車とバスと車は決められた道を走り、ただ人間だけが乱雑に動き回る。
 そんな外の風景を、自分の事務所から眺めるのは、ここ華村探偵事務所の所長、華村薫である(はなむらかおる)。
 彼女は何かをするでなく、ただなんとなく外を眺める。その理由は簡単だった。
「暇っ!! 」
 おもむろに眉間にしわを寄せ、般若のような形相で言葉を発するが、虚しく宙をさまよい泡のように消えるのみ。
 それを聞いていなかったのかと、首だけを背もたれから投げ出し工法を見ると、逆様になった副署長が眼に映る。
 彼の名前は花埼寿也(はなさきひさや)。丁度お茶を沸かしている最中だった。
 いつものことなのでと、花埼は無視を決め込み、自分の分だけのお茶を入れて応接用の椅子に座り、応接用の机にお茶を置き、手を伸ばしてカステラを取り出し、くつろぐ体制を作った。
 そう、所長の机は一つバカでかいものがあるのにもかかわらず、花埼の机は無い。最近花埼がはまっている反抗理由だ。
「茶ぁ飲んでる暇あったら、仕事の一つや二つ稼いで来い」
「また役人さんか、斬賭(ギルド)連盟に怒られますよ」
「知るか、こちとら人命救助ですよって……あぁ、頭に血が……」
 薫は至って真面目だったが、自分のふざけた体制を反省し、椅子をクルッと反転させ、花埼の方へと体を向ける。
「とにかく、私にもカステラ」
 そんなこんなで一日が今日も過ぎて行きそうだった。
 花埼からカステラを受け取ると、薫はまた通りの方へと体を向け、せわしない人の波を観察する。騒ぎが起きないかどうか、仕事が舞い込んでこないかどうか、彼女は真剣に、別の言葉で言いかえれば、御金欲しさに外を監視する。
 すると、視界の右端、窓からギリギリ見えるか見えないかの位置で人が騒いでいる。薫は窓を開けて体を乗り出し外を見ると、遠くの通りに黒い塊のようなものが見える。
 薫は嬉々とした表情を浮かべ、カステラを一気に口に頬張り、駆け出しながら颯爽と花埼のお茶を盗む。
「あーっ!! 」
「仕事だ寿也、支度しな」
1
最初 前へ 12 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ