まだかみ
まだかみ
成人向アフィリエイトOK
発行者:snow
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:お笑い・ギャグ

公開開始日:2010/10/12
最終更新日:2010/10/12 21:26

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
まだかみ 第1章 天地創造
 ガイヤはそれこそ恵まれて生まれた神だった。生みの親でありカオスに愛された訳ではないが、どの弟妹もガイヤを尊敬し愛していたし、この世界はガイヤにとって何不自由なく暮らせる様に出来ていた。
 しかし、ガイヤにも一つの悩みがあった、それは妹と弟であるエレポスとニュクスが婚姻を結び二人の可愛い子を成した事。
 当然の如く姪と甥は可愛いしエレポスとニュクスだってガイヤにしたら可愛い弟妹だ。
 しかしガイヤと言えど女である以上、恋はしたいもの。相手が居て初めて成り立つ恋だがガイヤにとって相応しい恋人など弟妹には存在しなかった。
 そこでガイヤは面白い事を思いつく、ああそうだ私は母なる大地。全てを創る事が出来るのもまた、母なる大地である自分。
 恋人が居ないのなら創れば良いのだ。
 こうしてガイヤは自力で天の神ウラノスと海の神ボストンを生み出した。
 ウラノスはそれはそれは美しい青年に育ち、たちまち母であるガイヤとエロスの力によって愛し合う。
 ガイヤは十二人の神々(ティタン)をウラノスとの間に設けた。
 ウラノスとガイヤは美しい子達に恵まれて幸せに暮らして居た。
 それもつかの間、ガイヤが新しく産んだ子は「恐るべき息子達」だったのだ。
 額の真ん中に目のある一つ目の巨人達、キュクロプスと呼ばれる三つ子、五十の頭と百の本の腕と巨大な体を持つ怪力の巨人、ヘカトンケイルと呼ばれた百の手を持つ子。
 ウラノスは驚き考えた。
「王となった今、この様な忌々しい怪物が存在してはならない」
 そう考えついた末にウラノスはこの息子達を母なるガイヤの腹の中へ埋めると、素知らぬ顔をしたまま王座に座ったのだった。
「ちょっと、貴方
 私の可愛い子供達をなんで閉じ込めたの」
「あんな醜い顔、見てられないよガイヤ
 お願いだから怒らないで」
「ふざけんじゃないわよ、醜いったって私の可愛い息子達なのよ」
「だけどハニー「だけどじゃないわウラノス、私の子供達を元に戻して」
 押し問答が続くだけで、一向に元に戻さないウラノスにガイヤは腹をたて、ピシャリと家から追い出す。
「頭冷やしてらっしゃい」
「そんな、ハニーあんまりだ」
 ウラノスを追い出した後、ガイヤはアダマスと言う硬い金属を生み出し鋸の様な巨大な鎌を作り出す。
「まったく、あの駄目息子いいえ駄目亭主
 痛い目に合わせなきゃ気がすまないわ」
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ