まだかみ
まだかみ
成人向アフィリエイトOK
発行者:snow
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:お笑い・ギャグ

公開開始日:2010/10/12
最終更新日:2010/10/12 21:26

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
まだかみ 第2章 俺様何様神様!
「兄上」
「どうしたゼウス」
「兄上とセックスがしたいです」
 突然のゼウスの発言にポセイドンは飲みかけのお酒を吐き出した。普段からあまりにも突拍子もない事を言い出す弟であり兄であったが、今回ばかりは面食らった。
「どうしたのポセイドン」
「貴様、今何を言ったかわかってるのか」
「いや、だからポセイドンと一発かまし「それ以上言わなくて結構だ!」
 馬鹿だ、馬鹿だと思っては居たが此処までとは流石に思っていなかったポセイドンは何故だか凄まじい頭痛がした。
 確かにあまり男女と言うこだわりがない神の世界では男同士のセックスも少なくはないし祖母の様に息子と結婚するのも普通ではあったが、どうして自分がゼウスにそう言う対象として見られたねかは理解できなかった。
「いいか、ゼウス
 我々は神を率いる立場なんだ、そんな事に現を――」
 ポセイドンの言葉を遮る様にゼウスは、ポセイドンの唇を塞いで押し倒す。
「ポセイドン、しようよ」
 ゼウスの深い金色の瞳がポセイドンの蒼く深い瞳を捉える。ゼウスは兄弟の中でも一番美形であった。ポセイドンはそのつぶらな瞳に見つめられ、動きが取れなくなる。そのままゼウスがポセイドンの服を脱がそうとした時、ゼウスの頭が地響きを鳴らしたかの様に痛んだ。
「いてててっあー痛い、痛い何これ痛い、私死んじゃう、死んじゃうってば」
「どうしたゼウス!?」
「ポセイドン、頭痛い……頭割って、頭ぁ」
「落ち着け、とにかく落ち着けゼウス」
「あああぁあ」
 ゼウスはゴロゴロとのた打ちまわり、ついには自分の手で自分の頭をあけた。
 するとゼウスの頭から金の武具に身を固めた女神が勇ましい雄叫びをあげながら飛び出してきた。メティスとゼウスの娘、アテナだ。
「父上、伯父上お初にお目にかかります」
 こうして、アテナは父ゼウスが伯父ポセイドンを押し倒す中カッコ良く産まれた。しかしこんな時に生まれた娘が、変な性癖を持つのも当たり前な事だとも言えよう。それが発覚するのは、もう少し先の話。
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ