日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第23章 それは終わりの始まりなのか 世界同時株安!!
世界経済に暗雲が立ち込め始めた。

発端は中国経済の減速懸念だったのだが、事は世界に飛び火し同時株安を引き起こしてしまったのだ。

もちろん日本も例外ではなく、株価は大幅に下落してしまったのである。

ここまで一気に株価が下がると、調整局面に入ったと判断され、株価はかなりの時間低調な状態を続けるのが一般的だ。

アベノミクス相場は終わってしまったのだろうか?


そもそもアベノミクスは”株高””円安”による恩恵の享受が柱であり、これらによって企業が儲かり所得の増加を招き結果、経済の好循環が進むと言うものだ。

確かに多くの企業が好決算を出し、所得の向上も見られたのだが、日本は本当によくなっていたのであろうか?

株価は未来を見ていると言われているものだ。

本当に日本が良くなっているのならば、ここまでの下落には見舞われなかったのではないだろうか?

株を買っていた投資家の中に、今の日本に対して少しずつ疑いが生まれていたのかもしれない。

ある株の評論家が『株価とGDPは密接に関係するものだ。』と言っていたが確かにそうなのかもしれない。

なぜなら…
アベノミクスが始まって株価は2倍以上になったのに、GDPはほんの僅かしか伸びてはいないからだ。
55
最初 前へ 52535455565758 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ