日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第16章 忍び寄る景気後退リスク アベノミクスの正念場
四面楚歌と言う言葉が今の安倍政権にはぴったりかもしれない。

度重なる総理側近や自民党議員の失言、大規模なデモなど…
安保法案の決議をめぐって世間は大荒れで安倍総理に対する逆風は強まる一方だ。

だがもう一つの問題が足下で現実味を帯び始めたのである。


それは景気後退リスクだ。

すでに数々の経済指標が景気後退を思わせるデータを示しており、安倍政権にとっては頭の痛い問題なのである。

もともと安倍政権は、経済政策を打ち出し成功させて来たことで支持率を維持してきた政権だ。

その根幹ともいえる経済が、本格的に失速すれば政権交代を招きかねない一大事となるはずだ。

間もなく発表される4~6月期のGDPがもしマイナスになるようなら、いよいよ景気後退は現実味を帯びるはずだ。

すでに日銀の黒田総裁はそうなることを想定してか…
さらなる金融緩和をにおわせているのだ。

しかしこれらの経済政策には矛盾が生じ始めているのではないだろうか?

もともと政府と日銀が一体となって行ってきた政策の柱は”脱デフレ”であり”日銀による大規模な金融緩和によって緩やかなインフレに誘導する”というモノだ。
37
最初 前へ 34353637383940 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ