日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第14章 アベノミクスの内なる敵 銀行
笛吹けども踊らずと言うことわざが今のアベノミクスにはぴったりなのかもしれない。


ご存知の通りアベノミクス効果で”株高””円安”を享受するまではうまく言ったのだが、ここにきて最後の詰めが足踏み状態なのである。

その最後の詰めとは何か?

それは地方経済の活性化ではないだろうか?

以前紹介したとおりに、急激な景気回復は金利上昇リスクを伴うのかもしれないが、いつまでも今のような低金利がいいとも考えてはいないはずだ。

つまり現在の”株高””円安”は一部の富裕層や大企業には大きな恩恵があったのだが、多くの中小企業まではまだ及んでいないと思われるのだ。

最近の日銀の会見でよく耳にする”インフレターゲット未達成”がこれにあたると考えられるのだ。

インフレターゲットとは簡単に言うと、モノの値段が高くなっていく幅をある目標のところまで誘導すると言うものだ。

ではなぜインフレになると景気が良くなると考えられるのか?

識者の解説では『モノの値段が高くなって行くのだから、お金の価値が実際低くなるので、それなら今のうちに使ってしまおう』と考えるからというもだが、本当なのだろうか?

それを言うなら『”物がどんどん売れるので、少しくらい高くても売れるだろう”と企業が考え値上げをするので』のほうが景気回復に対して自然に見えるのだがどうなのだろうか?
31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ