日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第12章 ゆれるユーロ わがままギリシャはどこへ行く
世の中で起こることはそれを見る角度を変えた時、別の事に見えることがよくあるものである。

特に政治や経済については真実を見ることはとても難しいものだ。


ようやく落ち着きを見せてきたギリシャ問題も、見る方向を変えれば違って見えてくるのではないだろうか?

そもそもギリシャ問題とは”ギリシャが大きな借金をしてそれを返済する事が出来なくなるから”が、こちら側から見た事実だ。

テレビやその他の報道などで、借金返済を迫るユーロの国々に対して抗議するギリシャの人々を見て『なんてわがままな国なんだ!』と思われた方も多いのではないだろうか?

ではギリシャの人々は本当にわがままなだけなのだろうか?

角度を変えて見てみよう。

まずギリシャが大きな借金を抱えているのは事実である。

しかしこれが国の返済能力に対して大きすぎるか否かは考え方一つなのである。

借金が大きいか小さいかを判断する方法はいくつもあるのだが、少なくとも日本も大変な借金のある国であり日本と比べても、極端に大きい訳では決してないのである。

では返済する能力が極端に低いのか?

これもそうとも思えないのだ。

では一体なぜこんな大きな問題になるのだろうか?

その答えはユーロと言う通貨の矛盾なのだ。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ