日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第9章 なぜ急ぐ 安保法制強行採決の訳
ではなぜ非合理的な価格になるのか?

答えは世界の原油需要が良く分からないからなのである。

当然よくわからないだから、噂によって原油価格が左右されることになるのである。

つまり原油価格を左右できるカードを持つ事は外交上きわめて重要なことなのだ。

では現在誰がどのような方法で支配しているのか?誰かは言うまでもなくアメリカであるのだがその方法が少し変化しつつあるのである。

少し前までは中東諸国に絶え間ない緊張を作り出し、それをアメリカ軍がコントロールする方法で原油価格を高くすることが多かったのだが、ここに着て原油を安くする方向に変化し始めたのだ。

原因は様々あるのだろうが、ロシアに対する牽制が大きな原因なのかもしれない。

ともかくアメリカにとっての中東諸国の重要度が下がり始めてきたと考えられるのだ。

さてここで話を戻そう。

今までアメリカ軍の思惑で安心して中東から原油を買い続けていた日本はどうなるのだろう?

もし手薄になったペルシャ湾やホルムズ海峡で、日本のタンカーのリスクが高まれば日本経済は原油に振り回されることにならないのであろうか?

それでも”憲法違反だから中東には自衛隊は送れません。”と言ってられるのだろうか?

もし国益を本当に考える政治家がいるのなら、それらの事態に備えて必要な準備を始めるのは当然なのかもしれない。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ