日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第8章 どこへいく中国
人は生きていく上で誰もが思い通りになれば良いと考える生き物だ。

だがそれはあくまでも願望であって決して思い通りにはならないものなのだ。

事が国家となればなおさらのことなのだが、中国と言う国はどんな手を使っても思い通りに事を運びたい国のようだ。

経済減速が話題となる今、たとえそれが叶わぬ願望であったとしても叶えようとするなら、一体どこへ行ってしまうのか?


たとえば軍事的な暴走かもしれないし、中国内の政治的混乱なのかもしれない。
その時日本はどうすればいいのだろうか?

もともと中国も日本や韓国と基本的には同じ輸出型の経済構造を持つ国のはずなのだが、人口が桁外れに多かったがゆえに経済規模が大きく見える国なのだ。

つまり人間一人が作り出しているモノやサービスはまだまだ金額的には低い国なのだ。

それゆえに中国当局から見ればまだ伸びしろがあるように見えるのだろう。
だがそれには日本のように平等な社会が必要なのではないだろうか?

一部の人間に権利が集中するような社会ではそれを成しえる事は困難に見えるのである。

つまり一党独裁の中国では、みな平等を実現するのは自らの利権を脅かすものであり、到底実行できるものではないのではないだろうか?

では中国に残された方法とはいったいどういったものになるのだろうか?
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ