日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第7章 今や世界の和食 賢人くらに死角なし
これはマシーンで握ったすしを回転させ提供することで人件費を抑えていることももちろん貢献しているだろうが、何よりもB立地戦略にあるのではないだろうか?

これはA立地に比べ少し人通りなどが少ない立地の事を言うのだが、当然家賃は割安となる。
つまり少しくらい場所が悪くても、十分なユーザーを呼び込める魅力的な店づくりを成功させていると言う事なのだ。

確かに家賃が割高なA立地に出店すれば、さらにたくさんのユーザーを呼び込めるかもしれないが売り上げ減少に伴いリスクは高くなるのである。


よく急成長を遂げた飲食チェーンが過度な楽観論に支配され、割高な家賃を伴いA立地に出店し続け、ほんの少しの外部環境の変化からくる売り上げ減少に右往左往した挙句、安易なメニューの設定や過酷ともいえる労働で乗り越えようとした挙句急減速に見舞われる。
そんな失敗の多くは、販管費を甘く考えていることが多いのだ。


もともと寿司は原価が高くつく商材だ。
そんな一見すると非効率的な商材だからこそ作り出せたビジネスモデルなのかもしれない。
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ