日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第6章 鎖国を解いた日本 インバウンドビジネスの先
では、最初に国別でどこが多いのか?
データによると”中国””韓国””台湾”の3か国が主力を占めており、それに続いて”香港””タイ”等となっている。

やはり距離の近いアジアが多いと言う事なのだ。

さらに見ていくと、日本に来て満足が高かったことは”日本食を食べたこと”次に”ショッピング”となっている。

食事やショッピングをどこでしたかは”空港””百貨店””ショッピングセンター””コンビニ”が主力のようだ。
そしてなんと90%以上の人は、満足だったとデータにあるのだ。

空港や百貨店はともかく、ショッピングセンターやコンビニは少々驚きである。

コンビニやショッピングセンターは日常の日本であり”観光資源ではない”と考えられてきたからだ。

私はここに鍵があると、考えているのだ。

つまり日本の輸出産業は、本当の意味での”グローバルなマーケティング”が出来ているのか?
”世界に売れる日本”はまだまだあるのではないか?
と言う事なのだ。

インバウンドで得られたデータでアウトバンドを攻めれば、GDP1%未満などとは言ってられなくなるのではないだろうか…。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ