日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第4章 戦後資本主義の終焉
このことを証明するように、国内型の企業があるところまでは急成長するのだが、あるところで成長が止まり急減速するという記事が目立つのは、この原理によってと考えるのが合理的なのではないだろうか?

だが暗い話ばかりだと私は考えていない。
考え方一つだと思えるのだ。

話は少し変わるが”GDP”という言葉を聞いたことがあると思うが、これは国内で作り出したモノやサービスの価値を金額に直したものだ。

その”GDP"と実際の需要との差を計算したもので”需要ギャップ”と言われる数字がある。
(”アベノミクスは成功するのか?”でも少し紹介したが)

この”需給ギャップ”は最近のデータによると‐2%と言う事になっている。
これは”たった2%しかモノやサービスは余っていない”と言う事なのだ。

つまりこの先需要はほんの少し足りないこと前提に、物事を考えていけばうまくいくと言う事ではないだろうか?

それぞれの市場規模を甘く見積もり、市場占有率に対し過大な幻想を抱く。
そんな戦後型経営を見直す時期が来ているのではないだろうか…。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ