日本をナナメに見る
日本をナナメに見る

発行者:K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2015/06/23
最終更新日:2015/10/01 23:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
日本をナナメに見る 第4章 戦後資本主義の終焉
戦後70年を経て色々な転換期にある日本。
一つの大きな流れの終わりを意味するのかも知れない。


私は戦後70年続いてきたイデオロギーともいえる資本主義が間もなく終わるのではないかと考えている。

しかしこれはあくまで”戦後資本主義からの脱却”という意味であり”日本が崩壊する”という意味ではないことを強く主張しておきたい。


ではそれは一体何か?

一言でいうならば信用創造型経済の限界と言う事になるのである。
このままだと非常にわかりづらいので、詳しく説明したいと思う。

まず信用創造とはお金の流通量の事を意味する言葉だ。
そもそもお金とは労働力の対価であり、1働いた分に対して1もらえると言う事になる。
つまり2働けば2もらえるというのが当たり前の論理と言う事になるが、しかし現在は少し形が違うのだ。

1働いたお金を銀行に預け、預けていたお金を銀行が誰かに貸すとすると、全体のお金は2になるという考え方でこれを信用創造と呼ぶのだ。

よく聞く”日本銀行による金融緩和”はこれを大きく使いお金を増やしたことにする手法の事だ。

お金の量を増やせるのだから”世の中にお金が回り景気が良くなる”という論理だが、しかしここで問題が出てくる。
世の中にお金がたくさん出てきても、大半は借りたお金であると言う事なのだ。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ