果てしなく長い物語
果てしなく長い物語
成人向アフィリエイトOK
発行者:岩上智一郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション
シリーズ:一章 幼少編

公開開始日:2010/09/27
最終更新日:2010/10/29 01:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
果てしなく長い物語 第1章 果てしなく長い物語 一章 幼少編




「おいおい、ちょっと酷くないか?」

「何が?」
「君はこの映画を根底に植え付けようというのか?」


「う~ん、まあそういう形になるかな」

「この子が白いと言っていた事は何となくだけど分かった。君が細工をしてワザと白く見えないようにしてはいるけどね」
「ははは、なかなか鋭いね」

「ふん、心にもない事を。しかし一体どういう風の吹き回しだい」

「風はおまえの専門分野だろうが」
「話の腰を折るな。私が聞きたいのはこの子をどうしようというのだって事だ」


「おかしな事を言うな? 前に俺の好きにすればいいさなんて言っていなかったか?」
「うるさい! 早く目的を言え」

「そう怒るなよ。簡単に言えば、この子は稀に見る白さなんだ。それは分かるだろう?」

「ああ、君が黒く隠しているつもりでも、まだ白い部分が時たま見え隠れするぐらいだからな」
「そうなんだよ。でもなかなか黒にはならねえ」

「この子を完全な黒にでもしたいというのか?」
「いやいや、白くしたいよ」

「じゃあ何故? 今だって充分過ぎるぐらい白いじゃないか」


「まだまだ…。真の白さを持たなきゃ意味がない」
「白さに真なんてあるのか?」

「ああ、どんな黒にも混ざらないぐらいまっさらな白だ」


「君らしい考えだが、もうちょっと計画的にやったらどうなんだい?」

「いいんだって。こういうのは行き当たりバッタリでやるからこそ面白いんだ」


「いい加減な…。その辺の感覚は私には理解致しかねる」


「まあその内どうなっていくか、それはおまえさんだって楽しみだろう」
「それは否定しない。君の決めた事だ。勝手にするがいいさ」

「もちろんそうするよ。じゃあ気晴らしに雷でも降らせてくるか。その前に大きな風を吹かせてくれよ」











 
31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ