白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第33章 33章 昏睡まで
未来(ミク)から 私への 苛めは 続く

私は裸で 両腕を 拡げ 挙げて縛られ
壁に背をつけ 床に ペタリとお尻つけて 両足を 拡げられるだけ 左右に
拡げて 伸ばしているように いわれて 全てを 剥き出しに 敗北のポーズ

何を言われても ままに従う あらがう事は 許されない

ときには 性的感触を 刺激され 官能の 喘ぎを 上げさせられると
また 神経の先端に 苦痛を 歯を食いしばって 耐えさせられる

それにも 飽きると 言葉の 暴力で つつかれる

過去の謝罪 媚を言わされ
隷属の お願い 宣言をして 
虐めへの お礼を 言葉に してみろって
はっきりと 発音できるまで 繰り返し

「私は マゾの メス豚でした」
「あの頃のこと お詫びします。お許しください」
「未来さま もっと 苛めてください」
93
最初 前へ 90919293949596 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ