白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第32章 32章 敗北の虜囚
「やめて そんな」
思わず 媚びて 哀願する声を出す度に
未来(ミク)は 満足そうに 微笑んでいた

嘗て 私が あの娘にしたように
そんな快楽と 苦痛を 交互に 繰り返して 翻弄しつくす

レズビアンのような 唇と指先に反応する 甘い刺激のあとに
あの娘は 悪魔のように 残忍で

頬を 張られたり 抓りあげられたりぐらいは
まだ よかったけど
裁縫針で 乳首を チクリとされ
クリップを 剥きあげたクリトリスに 掛けられて

涙を 流しただけでなく 緩んでいた身体から 漏れ出しだ
勢いの弱い 私の小水が フローリングに 一筋流れていった

「あら さっき お庭で出したばっかりで
また 粗相しちゃったのね うちの別荘を 汚さないでよね
お祖父ちゃんには 今日のこと 秘密に してるんだからさ」
やんちゃ娘に 戻ったような 侮べつを煽るような声
91
最初 前へ 88899091929394 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ