白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第30章 30章 恐怖の刷込み
避暑の季節を過ぎた 人気を感じない
山の中腹で 海を眺める 瀟洒な 別荘建物は
未来の実家の 資産だった

その明るい日差しの中での 広い眺望を
私は 逆さまな 視界で みせられた

素裸のまま 麻縄で ギリギリ 縛られて
2階の 広いベランダテラスで 屋根の庇に ぶら提げた滑車で
縛られた両足を 引き上げられて 身体を 逆さ吊りに される

真昼とはいえ 秋に入った山間部の 冷えた 肌を刺す 空気と
頭から 落下する 恐怖に 芯から 震えていたし
しだいに血液が どんよりと溜まり 意識も 遠くなっていく

81
最初 前へ 78798081828384 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ