白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第29章 29章 復讐
私は 裸で 床に這わされていて
未来(ミク)は 見下ろして 薄笑いを浮かべる

「あら 舞さん お久しぶりです
相変わらず 素敵な プロポーションね
オッパイも そんなに 大きかったんだ
もっとも あの頃は あんまり まじまじと 肌を見せていただけなかったもんね」
と 舌を出して 屈託なく 哂う

「土下座して ご主人に 挨拶だ」
凄みのある 低い声が 室内に響く

私は 正座して 三つ指ついて いわれたままに 無言で 伏す
「はははっ まあまあ」
あの娘は 向かいの 空いていた ソファに座った

黒いスーツに帽子 黒いストッキングの 細い脚
胸元の 高価な アクセサリーも
お化粧も 髪型も すっかり 身についていた

嘗ては 年齢にそぐわぬ ブランド品を 身に着けても まるで似合わない
いかにもの田舎くさい 女子学生以外には 見えなかったけど

しゃべりかたも 落ち着いて 成長していた と感じる
少し 肉付きもよくなって 痩せっぽちな 不健康な少女でなく
洗練された 大人の女性にさえ見えた
77
最初 前へ 74757677787980 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ