白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第25章 25章 非日常の時間(2年前の追想)
しだいに 馴れは 注意を緩めてしまう
定期券や クライアント企業への通行証とか
私の 本名は 探られて
携帯電話の番号も 履歴も読まれて
撮影は しないとの 口約束も
縛られ 目隠しで 視界奪われ 放置されれば
いくらでも 画像確認資料は 作れてしまう
裸で 思うがままの 無防備では

男は 覚醒剤使用者のように 見抜いてはいたけど
私は 男の素性など どうでもいい
ひとときの 日常の欲望の解放に
満足感さえ 覚えていたから

彼の生活圏が 遠隔地で
時に 出会う ホテルの部屋以外の世界に
現れることはないだろう タカを括っていた
私の 甘さが あったのだけれど

弄ばれて 屈辱に扱われるだけの
数時間の 幻想が 私の全身を 燃やしていた
64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ