白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第20章 20章 別れの季節(12年前)
なにもかもに 夢中な日々だった 充実も していたんだろう
でも 時は 厳として 流れる
やがてはと 予感はしていた 別れの 季節が 訪れる

会社の 仕事の方針が 変わって
Jさんの会社を 使うことが なくなってきて 仕事の関係が 薄くなってはきた
でも それは たいして関係はない

Jさんの 家庭生活を 壊すようなつもりは 微塵もなかったけど
抜き差しならない 関係に 深くなっていくことは 怖かった
でも それも 主因ではない

Jさんも 私も うぶではないし 割り切っていたから

別れようと 告げられた
マンネリに なって お互いに ボロボロになる前に

私は 理解して 肯いた でも 寂しかった
Jさんは 懐深いし 優しいし でも 快楽主義者の サディストで

生意気で プライドの高い女 私を 屈服させ 蹂躙して 征服して
それは 快感だったんだろうけど
43
最初 前へ 40414243444546 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ