白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第11章 11章 遊戯(12年前の追想4)
あの娘は 最初
就職に有利かと 私に近づき 親密になることで もしかして
私が当時は勤めていた 大手広告代理店へのコネクションに
と考えていたふしがあったけど
私に そんな力もないし あの娘の能力は とても無理に思え
でも あの娘は 郷里実家に帰れば
何不自由もなく コネで 適当な就職口見つけ
お見合いの話でも待てばいいという身分とタカをくくっていたから 
罪悪感の薄く あの娘の卒業までの時間を
SM遊戯で むさぼって使っていた

あの娘は 疑問に思わなかったかしら?
目隠し、猿轡、手錠、電動器具、小型浣腸器とか
そんなものまで ビデオと一緒に
勤務先から 借りてきたとでも思っていたの?

30過ぎた 独身のOLの家に
なんで そんなSM用具が
いつのまにか揃っていたのか・・・?
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ