白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第11章 11章 遊戯(12年前の追想4)
彼女は バージンだったから
膣への 物理的な力の挿入は 避けていた
指の腹で 撫でまわすぐらい
器具を 突き入れることはしなかったわ
クリトリスは つまみ出し 責めぬいたけど

西欧ポルノの影響もあって
後ろの小さな蕾は 膣の代用にもなって
やがては いろんな責めの標的に

最初は ペンや ルージュのキャップとか 小指を ねじ入れて 
戯れで 羞恥の叫びをあげさせていたけど
指先に 汚物が付くのを 私がいやで
洗浄するからって 浣腸を するようになった
市販の 小型の器具だけだったけど
剥き出しの白いお尻を 突き出させ 溶液を注入すると
全身が緊張して 震えるのを 見下ろすのは 可虐心あおり愉快だったけど
排泄を視るのは 趣味ではなく バスルームに行かせ 身体を洗わせた

オママゴトのような 少女同士の 禁じられた遊びだったけど
次第に 行為はエスカレートして そこそこSMプレイのようになってきた
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ