白昼の追想
白昼の追想
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
白昼の追想 第8章 8章 子羊(12年前の追想1)
経緯については 後で 話そう
彼女と 私は 親密になり 私の部屋で
二人だけの 密室の お遊びを するようになる

私が 裸に 剥いてしまった 彼女は
スリムで 少年のようなお尻を持ち
その薄っぺらで 平板な胸を 晒させて
突起した乳首を 硬直させるよう
摘んで 弄んで 苛めて
声をあげさせるのは 楽しみだった

最初は ソフトでも
欲望は 行為のマンネリを乗り越えるように
次第にエスカレートさせてしまう
意地悪で 容赦ない 虐めが 始まる

彼女は 私の欲望の餌食になることを望んで
私は それに応えて ペットにして
ときには 残忍な 奴隷女主人のように

仕事の疲労と 慢性的な睡眠不足とストレスと
それらのすべての 発散の矛先を向けられる
性的な欲望の餌食に なるために
彼女は 私の懐に 迷いこんでしまった 子羊
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ