老人の居る運河
老人の居る運河
成人向完結
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人の居る運河 第2章 2章 捕獲
「ごめんなさい ほんとうに
データは 消去しますから」
床に 私の カバンと ブーツと デジカメが 転がっていた

老人は 黙って デジカメを 拾い上げ しばらく手で弄んで 覗きこみ
やがて 私に 向けて シャッターを 押して フラッシュが 跳ぶ

デジカメの 操作ぐらい できる人・・・

私は 顔を そらす でも 数カット
柱に 縛られたままの SM画像を撮られる

眼をつぶっていたら ふいに 老人は しゃがんで寄ってきて
縛られた ブラウスの ボタンを 荒々しく 飛ばして外し
胸の前を 拡げ ブラジャーを 引き下げてしまう

乳房が 剥き出しに 晒されると
私は 全身が 熱くなり 恐怖で 高揚する

私の眼が 合って 老人は 二コリと笑い
すぐに 立ち上がって
私のデジカメを 持って 階下に 降りていく
裏木戸の 音で 外出して気配

乳房を 晒された 恥ずかしい 格好に したことで
口を 封じていなくても 助けを呼べしない との
タカを括られたのだろうか?
廃屋の 表側の 往来には 時折でも 車が通り
人が 歩く 声も 聞こえるのに

でも 私には なにも できなかった

これから 老人は どうするつもりなのだろう?
恥ずかしい 写真を 証拠に 弱みを握るつもり?
縛り上げられたまま 陵辱して 犯される?
全裸で 磔に して SMプレイで 玩具にする気かしら?

私は 恥ずかしさと 恐怖で 震えてはいたけど

でも 老人のことが気になり
廃屋に 独り縛られて 恥を晒している
自分の 置かれている シチュエーションに
陶酔をさえ 感じていた

独り 拘束されて 乳房を 晒したまま 
こうべを 垂れて 黙って
老人が 戻ってくるのを 待っている 
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ