マンション屋上の死角
マンション屋上の死角
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/19
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
マンション屋上の死角 第3章 3章 ゲーム
大学に進まずに フリーターのまま いまも
彼は その自分だけの 居住空間に コモっている
やがては 閉鎖される その部屋に

時として 昼間の 喫煙と 雑談
そして また 時として
私と 彼の 秘密の 夜遊びの空間に

欲情に かられて 私は 彼の 暗い部屋に
訪れるのは 仕事のないときの 週末が 多かった

彼に とっては 夢中になったTVゲームと
同じなのかもしれないけど



外気の 肌寒さが そろそろ 屋外に 放置されることに
つらくなってきたことも あるんだけれど
同じことの 繰り返しは すぐに 惰性で
刺激的な 感性を 麻痺させてしまうから

私は より 違う方法を 彼に求めるようになる
遊び場所は 屋上のまた屋上の 水道タンク脇から
彼の 部屋のなかに 移っていった

彼の 部屋の中で 彼の視える ところで
最初は 着衣のままで 縛られていたのが
下着に なり かろうじて ショーツ一枚
最後には 全裸に させられる
それは むしろ 私のほうから 望んでだけど


8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ