マンション屋上の死角
マンション屋上の死角
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/19
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
マンション屋上の死角 第2章 2章 屋上に住む青年と
室内に 明かりはなく 6畳間ぐらいの 空間に
ポツリと 置かれた ノートパソコンの 部分的に 明るく照らしていた

眼が慣れてくると 置くに 寝袋が 転がっている

彼が 室内灯を 点けて 明るくして 
若い男の 顔が見えた

「いつも ここに いるの?」

「ええ ほぼ毎日 暮らしてます
昼間は 寝ていることが 多いけど」
屈託のない 人のよさそうな 笑顔さえ 浮かべて

「じゃあ いつも 視ていたの?」

彼は 恥ずかしそうにさえ しながら 笑って頷いた
「エレベーターが 開くのが ここで 解りますから
誰か来たら パソコンの蓋閉じれば 部屋は真っ暗ですからね
夜は だいたい 明かりもつけずに ゲームやってるんですよ」

「心配要らないです 誰にも言いませんから
僕は 秘密は 守りますよ」

オナニーを 覗かれていたのは わかった
顔は 赤らんでいたと思う 俯いてしまう
恥ずかしかった

「でも なんなら お手伝い しましょうか?
僕で よかったら ですけど」
今度は にこりともせず 無表情に 私の眼を見て 言うから…


5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ