マンション屋上の死角
マンション屋上の死角
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/19
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
マンション屋上の死角 第1章 1章 屋上にて
そこは そんな妄想に ふさわしい 隠微な空間で
屈折した 開放感さえ あったから

もしも 知らない 男が たまたま そこに 現れたりしたら
私は 黙って その男を 誘い セックスを してしまうのではないか
日常では 浮かばない 大胆な発想さえ 浮かんでくる

この付近では ここが 一番 高層で 見晴らしはよく
遠くに 超高層ビル街の 明かりが 展望できて 夜景美しく
周囲からは 暗黒にしか 見えないはずの 屋上は
月と星灯りのみで たとえ 全裸でいても わかりはしないと
夜目が 慣れたところで スカートを捲りあげたり
ブラを 外してみたりで 肌を 露出して
エロチックな 妄想に耽るのは 少女時代に戻ったような
他愛のない 遊びごと でしかなかったけれど

それを 他人に 視られるなんて・・・ そのときは 疑いもなかった・・・

前を肌蹴て 胸は 晒して 右手で 揉みあげた
スカートは 膝まで下ろして
ショーツの 上から 左手を 差し入れると
遠くの 夜景を 見つめながら 立って 自慰を 始めていた

子供の頃の 秘密の遊びの妄想を 思いだして
男達の眼の前で 服を 自ら 脱ぎ捨てて 
自慰を命じられて 陵辱される・・・
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ