妖怪伝奇帖~浅篠原陰陽師秘録~
妖怪伝奇帖~浅篠原陰陽師秘録~
アフィリエイトOK
発行者:鴉羽 霞柳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:浅篠原陰陽師秘録シリーズ

公開開始日:2010/10/25
最終更新日:2010/10/26 08:23

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
妖怪伝奇帖~浅篠原陰陽師秘録~ 第1章 第壹幕「亊之始」
「は? おい綾嶺(あやね)、今何と言った?」

『何って……“今度の仕事は妖怪退治だ”ってはっきり言ったよ、私は。』


“妖怪退治”……だと?


「……厭、一寸待て。確かにオレは陰陽師だ。お祓いも占いも祈祷もやるが、妖怪退治はちょいとお蔵違いじゃないか?」

『何言ってるんだ。近頃仕事が来ないから、探偵紛いのことして細々と食いつないでた癖にさ。』

「ぐっ……」


実に痛い話だ。だが全くもって事実である。最近その探偵紛いの仕事すら尽きてきて、そろそろ覚悟の決め時か、などと思案していた矢先の依頼である。此方としては真っ先に飛びつきたいところではあるが、何せ内容が“妖怪退治”である。


「そんなの、何時の時代の陰陽師の仕事なんだか……」

『まあ、家と事務所ぐらいは無条件で用意してやるさ。』


流石は大財閥の令嬢、侮れん。今頃、受話器の向こうでは、“此位安いものだ”とほくそ笑んでいるに違いない。


『何なら学費と使用人も付けてやろうか?』

「はあ、其処まで好条件なら飲まざるを得ないな。」


まあオレとしては、家が付いて来るだけでも十分なんだが。……厭待て、今“学費”とか言わなかったか?


「なあ綾嶺、“学費”とは何だ?」

『学費?……ああ、アンタの大学の学費だよ。』


まあ、助かる話ではあるな……厭々、今年の分は払った筈だぜ。


『実を言うとな、今度の現場は浅葱市なんだ。』

「浅葱市……ってオレの地元じゃねぇか!」

『ああ。けど長期契約になりそうなんでね。此方に移住してもらう。大学も近いし、丁度善いんじゃないか?』


成る程、突如として此奴から依頼が飛び込んできたのも判る気がする。様々な状況を鑑みてくれたのは不幸中の幸いだが、真逆長期契約を喰らうとはな。


「詰まり何だ、来年以降の学費は其方持ち、って事か?」

『然う言う事になる。』

「両親との交渉は?」

『今回ばかりは父上も大賛成でね。“善い結婚相手が見つかった”とさ。』

「はあ、気の早いお父様なことで……って一寸待てオイ!」


何故オレがこんな奴と結婚しなければならないのだろう。ハッキリ言って理不尽だ。確かにコイツはオレ以外に付き合いを持たない奴だったし(今でもそうだが)、お見合いしたところで相手の方が先に数秒で砕け散る様な奴だ。他に相手が居ないのは判るが、重役も重役、程々にして
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ