妖怪伝奇帖~浅篠原陰陽師秘録~
妖怪伝奇帖~浅篠原陰陽師秘録~
アフィリエイトOK
発行者:鴉羽 霞柳
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:浅篠原陰陽師秘録シリーズ

公開開始日:2010/10/25
最終更新日:2010/10/26 08:23

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
妖怪伝奇帖~浅篠原陰陽師秘録~ 第1章 第壹幕「亊之始」
「……うむ……くくく…あぁ、そうだ。もう直始まる。」


 社長室のような場所。照明を殆ど落としているのか、かなり薄暗い。豪奢な机に据えられた黒い革製のチェアには、男が腰を据えている。


「……うん?……彼らが障害になるか、と……厭々、“障害になって貰わなければ意味が無い”のだよ。此れは然う言う計画だからね。」


男は電話で何やら話している。40代前半だと思われる精悍な顔には、時折無気味な笑みが顕れる。


「兎も角、家の可愛い娘にも頑張って貰うのだ。失敗する筈が無い……」


然う言って男は受話器を置く。足を組み椅子に凭れ掛かった男の顔は、何とも無気味な表情をしている。


「く、ふふふ……」


喜んでいるのか、悲しんでいるのか、其れとも怒っているのか、厭、楽しんでいるのかも知れない。喜怒哀楽全てが入り混じった顔で、男は静かに笑っていた。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ