Day Of Destruction
Day Of Destruction

発行者:木暮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2010/09/17
最終更新日:2010/11/02 16:37

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Day Of Destruction 第6章 兵士になるということは
 俺は恐る恐る言った。
「そだよ」
 姉貴はあっさり肯定。
 オイッ!って突っ込みたくなったがここは空気呼んで我慢。
「帝国軍も必死ってわけか……」
 なるほど、この急な徴兵開始の理由が分かった。
 もう一刻も早く戦える人材がほしいんだ。
 その分たくさんの生粋の兵士を亡くしたから……。
「まあ、もう決まったことだし、それに理由付けて嫌だ嫌だ言ってても疲れるだけだしね。決まってしまった以上受け入れるしかないんだよアタシ達は。まあ気持はわかるけどね」
 ポロっと言ったが、なかなか重みのあるセリフだな。
 その後姉貴は部屋を出ていき、俺も出発の支度をした。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ