Day Of Destruction
Day Of Destruction

発行者:木暮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2010/09/17
最終更新日:2010/11/02 16:37

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Day Of Destruction 第6章 兵士になるということは
「ったく……いつからいたんだよ」
 俺は他人がいたことによって若干落ち着きを取り戻した。
「今来たばっかよ。これ、アタシんとこにも来たからさ。アンタはどうかと思ってね」
 と言って1枚の紙を出した。
 ……俺と同じ内容の、不幸の手紙だ。
「……姉貴もかよ。ってことは、俺ら家族全員か?」
 ランバード家を1くくりに徴兵したのだろうか。
「父さんと母さんは違うみたいだよ。なんか本当に無作為に選ばれちゃったらしいね」
 そういった。
 昨日も思ったが、姉貴はやはりいつもと変わらない。
 それどころか、若干テンションが高めだ。
 なんなんだ俺と姉貴の温度の差は?
「なんか姉貴、楽しそうだな」
 俺は冷ややかな目で言った。
「そお?まあ、いつ兵隊になるか怯えながら生活するよりは、もう最初っから兵隊になっちゃった方がなれるしいいんじゃない?」
 なんとまあ……プラス思考というべきか。
 素晴らしい発想過ぎて俺には真似できそうにないな。
 俺はそんな姉貴に少し苛ついてしまっていた。
「なんでそんなに軽く考えられるんだよ!兵隊になるってことは……死ぬかもしれないのにっ!」
 言ってから気付いた。
 自分が無駄に熱くなっている事に。
 はぁ、普段の自分なら「姉貴だから」と適当に流してるところなのに、全くどうしたんだろうな。
「……アタシだって、死にたいわけじゃないよ」
 ぼそりと、だが確かにそう聞こえた。
 その時の姉貴の表情は、珍しく真面目なものだった。
 いや、真面目というよりは、悲しげと表現した方がいいかもしれない、そんな顔だった。
 が、次の瞬間には、いつものようにニコっと笑っていた。
「まあ、それがアタシ達国民の義務だと思うんだ。……オウラ市が陥落したのって、知ってる?」
 バカな。
 オウラ市は、ここランスト地方とヴァニスト地方の境にある市だ。
 それが陥落したってことは……。
「まさか、ランスト地方に敵が……来たのか?」
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ