宵の鳶、風聞きの紫、鎖八番組夜話
宵の鳶、風聞きの紫、鎖八番組夜話
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:2013/07/08 01:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
宵の鳶、風聞きの紫、鎖八番組夜話 第1章 初宵 二つ目の力
長屋につき、笠をはずすと、私はこの部屋に違和感を感じた。

何となく生臭い。

しかし、垢じみて、濡れた法衣や、自分の体が匂うのだと思った。

もし、匂いの原因をしっかりと確かめたなら、この件は、もっと早く解決したのかもしれない。

しかし、私は、新しい法衣に着替えて、元締めの元を訪ねてしまった。


米問屋板東屋には、江戸の鎖を束ねる、大元締めの坂東光太郎がいる。

そしてもう一人、八番組の仲間、弦太郎がいる。

今日なら弦太郎が確実に居て、光太郎との渡りをつけてくれると考えて、調査は早めに切り上げた。

坂東屋に着くと私は、いつもの仏間に通された。

美しく磨かれた仏壇がある。

私は、そこにまつられている故人の為に経を上げる。

いつもの習いだ。

元締めは、自分で、大罪を負っているのだと言う。

その罪は、君達とは違って、もっと重いのだと言う。

しかし私は、この美しく輝く仏壇を見ると、元締めが、本当の悪人とは思えなくなる。

そして、いつかは、その罪が清められるのではないかと、思えて来るのだ。

そして、自分の罪も。

そう思えるから、妙弥は、この仏間が好きだった。


8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ