宵の鳶、風聞きの紫、鎖八番組夜話
宵の鳶、風聞きの紫、鎖八番組夜話
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:2013/07/08 01:14

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
宵の鳶、風聞きの紫、鎖八番組夜話 第1章 初宵 二つ目の力
話があったが、人前では、私達は無口だった。

絵師である水山にも、僧である私にも、もう一つの顔があるからだ。

神田の権現長屋に着き、私の部屋に入ると、水山は、途端に、ぺらぺらとしゃべり始めた。

「お前、どうせ、旅の間中、紫ちゃんの事を考えていたんだろう?それでどうするつもりだ?紫ちゃんは、燕弥に気がある訳じゃない。綺麗な男を見つけて、興味を持ってるだけだ。まぁ燕弥が本気になったら別だがな」

「何を言っているんです?私は禅僧ですよ。紫さんの事を考えるなんてそんな事あるわけ無いじゃありませんか」

「そんな言い訳が俺に通と思うか?あの時のお前の顔、見ちまったからな」

「捕まえるなら、早くしろよ、紫ちゃんは今が華だ。日々綺麗になって行くぜ。燕弥が本気を出さない内に、なんとかするんだな。紫ちゃんの涙は、俺達が縛られたのを見たせいさ。恋心じゃない」

水山は、一人でしゃべり、納得した。

私が旅をする前、この神田付近で、ある事件が起きた。

江戸の小町がさらわれる事件だ。

その事件の探索の時、水山と、その弟燕弥には初めてあった。私の治める八番組には、男が少なかった。

それで、配されたのが、善三という、盗賊上がりの男だ。

そして、ある事情から、協力を申し出たのが、七番組の水山と燕弥だった。

彼らは、自分の父親を探していた。

そして、その気持ちが余り、彼らはその一件で、鎖の禁を犯してしまった。

私は、仕置きの対象者として、彼らを捕らえた。

しかし、結局は元締めの意向で、今までの組を離され、私の監視下に置かれる事となったのだ。

そして、その一件は、紫という鎖を、私の心に植え付けてしまった。

紫の地獄耳は、壁はもちろん、距離も越えてしまう能力だ。

彼女の耳は、私の目と一つの武器となって、事件を解決して来た。

しかし、この一件から私は、紫を鎖として見ることが出来なくなった。

私が旅に出たのは、紫を忘れたかったから、ただそれだけの理由だった。

「おい、その行李は紫ちゃんへの土産か?」

「これは、世話になった寺の僧が持たせてくれたものだ。もったいなくて、食べられなかった」

「食い物は、食うのが礼儀じゃないのかね。坊主はやっぱり理解できねぇな」
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ