倒錯の螺旋階段
倒錯の螺旋階段
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
倒錯の螺旋階段 第10章 終章 ゲームオーバー
今度は 緊張を 和らげるように
「じゃあ 皆で 遊ぼうか?
舞ちゃんは 明日は お仕事休みだから
一晩中でも いいのよね」
にやりとしながら 姐さんがいうと
ソファに座る 姐さんと 二人の女達が騒ぎ出す

「舞ちゃんは 当分 最下層ね」

床には 彼が持ち込んできた 性玩具が転がっていて
これから 何をされるのか 不安が拡がるけど
抵抗の 意思も 方法も 私にはなかった

「私達には スカトロ趣味はなくて よかったでしょ」
と 彼から とりあげた 浣腸器を 玩具のように弄んで
「やあよねえ 汚い 悪趣味だわ」
三人の女は はしゃいだように 笑う

「お遊びは 終わりよ もうこれで ゲームオーバー」
螺旋階段を 旋回して下りて もう地面に着いてしまったのだ

「ほら お尻を 見せてごらん」
私は 姐さんに言われると そそくさと動く

床に這って お尻を突し お仕置きを待つ
それまで アナルに 封じ込められていた ビーズを 一個ずつ 抜き出してもらう
そのたびに 全身を 走る 電撃のような刺激に 痙攣すると

姐さんは 声を上げて 笑った
「これ おもしろいじゃない」
「アナルって 生き物みたいね」
「いやだ ウンチ着いてるわよ」
若い女達も 姦しく 私を 玩具に 哂う

モーツアルトの クラリネット協奏曲が鳴り
姐さんは レズバーの 女達と 絡み始め
しだいに 互いに全裸に剥いていく

最下層の 私は 床に腹這い
3人の 足指を 交互に 舐めて 媚を売る

大柄の女に 乳房を踏まれ 声を上げる
胸の大きな小娘に 髪の毛を?まれ
クリニングスを しろ と強制される

(完)
24
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ