封蓮貴~悲しい旋律~
封蓮貴~悲しい旋律~
アフィリエイトOK
発行者:皇夜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/09/16 16:05

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
封蓮貴~悲しい旋律~ 第2章 第1夜 依頼
―旧校舎

ギィィィィィ…と扉を開くと、奥は薄暗い廊下が続いていた。
倉庫化しているだけあって、中は埃が舞い、窓ガラスはひび割れ、破片はその辺に散らばっていた。

「酷い有様だな」

「仕方ないよ、ここは倉庫として使われ始めて20年近くは経ってるようだし。
掃除なんてする人、いないんじゃないかな。」

「で、なんでここに宿直室があるんだよ」

最もな問いに、愛羅は苦笑を漏らした。

「前は新校舎にあったんだけど…色々問題が起きてね。
問題を起こさない為に、こっちに移したって聞いてるよ」

「問題ねぇ…、教師による盗難か何かか?」

「あ~…まぁ、そんなところかな」

それ以上は口を割りそうにない愛羅に、焔もそれ以上聞きはしなかった。

「で、その宿直室とやらは?」

「この廊下を進んだ先だよ」

愛羅の指差す方向は、暗闇に満ちていた……。


パリン、パリン。下に落ちているガラスの破片を踏みながら廊下を進んでいく。
愛羅も焔も夜目が聞くから、懐中電灯などは必要ない。
宿直室までの廊下には一つも電灯はなく、薄暗い。

「よくこんなところに寝泊りできるな」

「仕事、だからじゃない?」

薄暗い中を進みながら話す二人の顔は真剣な表情になっていた。
奥に進むに連れて、空気が重くなり気温も低くなっていく。
フワリフワリと空気が愛羅に纏わりつく。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ