封蓮貴~悲しい旋律~
封蓮貴~悲しい旋律~
アフィリエイトOK
発行者:皇夜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/09/16 16:05

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
封蓮貴~悲しい旋律~ 第2章 第1夜 依頼

「今日はありがとう。月花、カガミを連れてゆっくり休んで」

「マスター…ありがとう」

嬉しそうな笑顔を浮かべ、カガミを連れて還った月花を見送った後、ゴソッと綺麗な赤、緑、蒼、黄、紫の5種の球が填められたペンダントを取り出した。

「……我希う、血の契約の元に我の前に姿を現し、我に力を与えよ!!」

呪を唱えペンダントを前に翳すと、パァァッとペンダントが光り、2人の少年と3人の少女が姿を現した。

「はぁい、愛羅。久々ねぇ」

赤髪で紅眼の少女はニカッと笑って。

「僕達を呼ぶ、と言うことは、今回何か厄介なことでも?」

緑髪で若葉色の瞳の少年は、コテンと首を傾げ。

「俺達全員呼ぶほどのことなのか?」

蒼髪で氷蒼の瞳の青年は腕を組み。

「私達、頑張りますよ」

金髪で金眼の少女はやる気満々で。

「……愛羅、やっと呼んでくれた」

紫銀髪で紫眼の少女は嬉しそうに。

それぞれがそれぞれの表情で愛羅の前に立っていた。

「皆、来てくれてありがとう。今回、かなり高位の“術士”が関わってて厄介なことになってるんだ」

力を貸してくれる?と愛羅が問えば、5人とも「勿論」と快く言った。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ